一句话管家婆

从日本电影看日本人的美意识_日语论文
文档价格: 1000金币立即充值 包含内容: 完整论文 文章语言: 日语
文章字数: 12412 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2019-11-12
加入收藏

日本の映画から見た日本人美意識_日语论文

摘要

一句话管家婆本世纪以来,随着日本电影在世界电影节上频频获奖,我们都能感受到日本电影的魅力所在。其魅力的独特之处,就在于日本人那具有强大生命力的美意识。本文采用列举法和比较分析法,在了解日本电影史和日本人美意识的基础上,对各个时期不同的电影进行分析。将1896年始的电影史具体分为三个阶段,选取每个阶段的代表作品对其进行简单的介绍,并探讨其中的具有日本独特风格的美意识,如“物哀”“闲”“寂”等朴素的元素是日本人美意识的基本基调。通过梳理得出日本人美意识由60年代以前的以丑为美式的灵魂救赎,到20世纪后半时期的人性美,最后回归到现在的传统之美,而期间一直未曾变过的就是对自然之美的崇尚。通过总结日本人在电影中所体现出来的美意识的独特之处,最终得出我国电影应该摒弃那些浮夸、恶搞的内容,用中国人自己的审美眼光去挖掘属于自己的民族魅力并展现给全世界的启示。

关键词:日本电影    美意识  启示     

要旨

一句话管家婆21世紀以来日本映画が頻繁に世界の映画祭で受賞したからと言って、私たちは、日本の映画が魅力的なものと思っている。その魅力は日本人の美意識の強い生命力と離れない。

一句话管家婆本文は列挙と比較対照の方法を導入し、日本映画と日本人の美意識を調べた上、それぞれの時期によって映画を分析してみた。1896年から映画史を具体的に3段階に分かれている。毎段階は選んた代表性の作品と監督を簡単に説明し、日本人の美意識「もののあわれ」、「わび」と「さび」の素朴な同調などが基調になることが探求する。その結果、日本人の美意識は、60年代以前に醜さとしての審美意識、20世紀後半に人間性の美と現在に伝統的な美しさへの回帰と分かる。しかも、自然美を尊重しているという美意識はずっと変わらない存在である。最後に中国映画の発展に対して誇張した内容を捨て、自分の独特な審美意識を持って民族魅力を発掘、全世界に見せるべきという啓示ができた。

キーワード:日本映画  美意識 啓示

目次

1. はじめに 1

1.1 研究の目的 1

一句话管家婆1.2 研究の方法と先行研究 1

一句话管家婆2. 日本映画の概況 2

一句话管家婆2.1 60年代前 2

2.2 60年代-20世紀後半 3

2.3  21世紀初頭-今まで 3

3. 日本人の美意識 5

3.1 もののあわれ 4

3.2 わび 5

3.3 さび 5

4. 日本の映画から見た日本人美意識 8

4.1  60年代前 8

一句话管家婆4.2  60年代-20世紀後半 9

4.3  21世紀初頭-今まで 10

5. おわりに 8

参考文献 12

上一篇:从垃圾处理看中日环境意识的不同_日语论文
下一篇:没有了
相关文章推荐: TAG: 美意识 日本电影
document.write ('');