一句话管家婆

宫崎骏的反战思想分析-以《起风了》为中心_日语论文
文档价格: 1000金币立即充值 包含内容: 完整论文 文章语言: 日语
文章字数: 16832 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2019-11-13
加入收藏

宮崎駿の反戦思想-『風立ちぬ』を中心に_日语论文

要旨

一句话管家婆アニメで立派な天空の城ラピュタ、トトロが主人公を助けにくる、魔女キキがほうきで空を飛べるなど不思議なシーンを見たことがあるであろうか。これらは皆、宮崎駿が創作したアニメである。宮崎駿のアニメ作品は世界各国でよく知られているし、非常にヒットしているし、さまざまな賞を受賞した。2013年、『風立ちぬ』が日本で上映後、最優秀アニメと讃えられ、最優秀脚本、最優秀監督などを受賞した。さらに、宮崎駿は第87回アカデミー賞終身成就賞を受けた。日本人による同賞受賞者は、1990年に黒澤明監督受賞以来の二人目となる。

このアニメは日本首相安倍晋三が靖国神社を参拝する行為や釣魚島問題などをめぐる中日間の対立などを念頭に置いて、日本人の歴史に対する反省を促しているという見方がある。これに対し、このアニメは飛行機製造に熱中する人物の物語であり、反戦や政治的な意図がなく、ただ風変わりの引退作品だけだったという人もいる。しかし、宮崎駿本人が韓国で『風立ちぬ』上映のインタビューを受けた時、「日本は韓国や中国に謝罪必要だ」という発言をしていることで、日本国内では「売国奴」と呼ばれる。近年、国際情勢が混乱し、日本国内での右翼勢力が膨張していることもあり、反戦の声があちこち湧き上がってくる。その中で、戦争をテーマにした宮崎駿の『風立ちぬ』が注目されている。

宮崎駿の作品の中に、環境保護、成長、家族愛、友情などのほかに、反戦をテーマにした作品も少なくない。彼の反戦作品には戦争に対する反省と平和への願いが込められていて、日本の青少年に大きな影響を与えている。それにしても、宮崎駿の日本戦争の歴史に対する認識が必ずしも明確なものとは言えない。本論文では、筆者は『風立ちぬ』における戦争観・平和観を通して、宮崎駿の反戦思想を論じてみたい。

一句话管家婆キーワード:宮崎駿 反戦思想 動画 『風立ちぬ』

目次

摘要 i

要旨 ii

1.はじめに 1

2.宮崎駿とその反戦思想 2

2.1 宮崎駿の生いとその作品 2

2.2 反戦思想 3

2.2.1原因の推測 3

2.2.2反戦の主張 4

3.反戦の作品について 7

一句话管家婆3.1 最新作の『風立ちぬ』 7

3.1.1 概要 7

3.1.2 反戦思想の現われ 8

一句话管家婆3.2 反応と評価 9

一句话管家婆4.反戦への思い 12

4.1 鈴木敏夫らが見た宮崎駿の反戦思想 12

4.2筆者の考え 13

5.おわりに 15

参考文献 16

上一篇:从日本推理小说看人性-以松本清张、东野圭吾为中心_日语论文
下一篇:没有了
相关文章推荐: TAG: 宫崎骏 起风了
document.write ('');