一句话管家婆

从日本推理小说看人性-以松本清张、东野圭吾为中心_日语论文
文档价格: 1000金币立即充值 包含内容: 完整论文 文章语言: 日语
文章字数: 12549 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2019-11-13
加入收藏

日本推理小説から見た人間性-松本清張、東野圭吾を中心に_日语论文

摘要

笔者在学习侦探小说史的过程中,发现日本的侦探小说由单一的解谜发展为对人性描写愈来愈重视这一特点,并对这一现象产生了强烈的兴趣。于是尝试着对日本不同时期因对人性的描写而有名的推理小说家松本清张和东野圭吾的人性描写进行了对比研究。松本清张是社会派奠基人,一贯以社会性的推理小说为题材,他的小说中脱胎于社会性的人性关怀这一文学改革改变了日本推理小说界,所以选用其代表作《点与线》进行分析。而东野圭吾的作品则选择了探究真正亲情的《红手指》和在推理界重理与重情两大争论中因对两者的结合获得成功的《嫌疑犯X的献身》这两部作品进行研究。

本文着重对三个作品中的人性描写进行分析,探究了两位作家在人性研究方面的发展特点与共同点。结果发现他们都是以有意或无意发生的杀人事件作为社会背景生动地描绘了主人公的人性,并通过对世间百态的洞察来揭露人类的邪恶面,具有深刻的反省和自我控诉的社会价值。

关键词:松本清张  东野圭吾  人性  

要旨

一句话管家婆筆者は、探偵小説の発展について少々学んであるあと、推理小説が単なる謎解きから人間性を重視しつつであることに気付いた。このことに興味を持って、異なる時期において人間性の描写で有名な推理小説家の松本清張と東野圭吾を研究することにした。松本清張は社会派の創始者として、社会性を推理小説のテーマにしたのは独特性があるが、人間を書くという文学の革新こそが推理小説界を変えたので、「点と線」を選ぶ。東野圭吾の作品は肉親の情を探求する「赤い指」と推理界で理と情どれに重すべく問題にバランスよく組み合わせる「容疑者Xの献身」にする。

一句话管家婆本文では、三つの作品の分析から二人の人間性の特徴を探し、共同点を検討する。その結果、有意あるいは無意識で起こった殺人事件の衝突が社会の大きな背景で主人公の人間性が生き生きとしたのはそれらの共通点ということが分かる。人間の邪悪な側面を明らかにすることによって浮世絵観察になって、反省と自己起訴の意味上での社会的な価値になる。

一句话管家婆キーワード:松本清張 東野圭吾 人間性 

目次

1.はじめに 1

2.推理小説の紹介 1

2.1発展の歴史 1

一句话管家婆2.2以前の構成と特徴 2

3.作家と作品 3

3.1作家 3

一句话管家婆3.1.1松本清張各時期の概況 3

一句话管家婆3.1.2東野圭吾 3

一句话管家婆3.2作品のあらすじ 4

一句话管家婆3.2.1「点と線」 4

3.2.2「赤い指」 4

3.2.3「容疑者Xの献身」 4

4.人間性の分析 5

4.1「点と線」 5

4.2「赤い指」 6

4.3「容疑者の献身」 6

5.おわりに 8

参考文献 9

上一篇:从大学生兼职看中日教育的差异_日语论文
下一篇:没有了
相关文章推荐: TAG: 松本清张 推理小说 东野圭吾
document.write ('');