一句话管家婆

村上春树的生死观的考察-以《挪威的森林》为中心_日语论文
文档价格: 1000金币立即充值 包含内容: 完整论文 文章语言: 日语
文章字数: 11852 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2019-11-10
加入收藏

村上春樹の死生観についての考察−『ノルウェイの森』を中心に_日语论文

摘要

一句话管家婆日本当代著名作家村上春树的小说中,大量出现关于“死亡”的描写,村上通过描写人物的死亡,来表达一种向死而生的生死观,同时他认为死亡是自然而然的可以给生者新的感悟。这在他的代表作《挪威的森林》中得到了最为集中的体现。

一句话管家婆本论文将共分4章。第一章将简单介绍村上春树和他的作品----《挪威的森林》。第二章着重探讨生死链在小说中体现,从横向方面方面分析小说中层出不穷的死亡事件、挥之不去的死亡意象以及人物生存困境;从纵向的层面分析生死链是如何通过叙事推动了生死主题的有效呈现。第三章通过两个方面来讲述村上春树的生死观。第四章深入剖析小说中由生死链而表现出来的生死观问题,从而引出这种死亡意识对社会所造成的影响。

一句话管家婆关键词:村上春树 《挪威的森林》 生死观

要旨

 現代日本の有名な作家の村上春樹の小説の中で、大量な人物の死亡についての描写を通して、死亡に向けた死生観を表した。同時に彼は、死亡が自然に起き、生きている人に新しい悟りを与えると思っている。これは、彼の代表作・『ノルウェーの森林』の中に最も集中的に表している。

一句话管家婆本論文は四章がある。

一句话管家婆第一章では、村上春樹と彼の作品『ノルウェーの森』を簡単に紹介する。

一句话管家婆第二章では、小説の中の生死チェーンの表しを検討する。小説の中で、絶えない死亡事件や死亡のイメージや人物の生存の苦境などを分析する。一方、生死チェーンは、どのように叙事を通して、生死の主題を深く表すのかを明らかにする。

一句话管家婆第三章では、2つの方面を通して村上春樹の生死観を述べる。

一句话管家婆第四章では、生死チェーンから表した生死観を深く分析し、この死生観によって、社会にもたらした影響を引き出す。

目録

摘要 I

要旨 II

はじめに 1

第一章 村上春樹と『ノルウェイの森』 1

1.1村上春樹について 1

一句话管家婆1.2『ノルウェイの森』の概要 2

第二章 生死チェーンの構造 4

一句话管家婆2.1キズキ――渡辺――直子 4

一句话管家婆2.2直子――渡辺――绿子 6

一句话管家婆2.3永沢――渡辺――初美 7

2.4生死チェーンの間の関わり 7

一句话管家婆第三章 村上春樹の死生観 8

3.1死に向けた死生観 8

3.2死亡が自然に起こし 9

3.3生きている人への悟り 10

第四章 死生観の社会意味 11

4.1自覚意識への探り 11

4.2 精神世界の再建 12

終わりに 12

参考文献 14

上一篇:从《人间失格》看太宰治的人性_日语论文
下一篇:没有了
相关文章推荐: TAG: 村上春树 挪威的森林
document.write ('');